読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろと悩む@猫ども事情

甲状腺亢進症が疑われた16歳(以上?)のみーなですが、疑いなしとの報告が先月末(31日)にありました。

その際、その前日に処方された抗生剤を飲ませたら みーな がぐったりして吐いてしまったことを連絡し、抗生剤の変更をお願いしていたのですが。

昨日(4月2日)に、別の薬(ラリキシン 250mg 1/4錠×2/日→ビフラマイシン 50mg 半錠×2/日)に変更になりました。

 

慢性腎不全初期のぽっきー、中期のみーな

ともに、週1で皮下点滴という診断です。

これ、飼い主には懐&時間的にかなり厳しいです。

いや、皮下点滴のお値段だけなら大丈夫なのですが、

 

 

腎不全は治る病気じゃない。

現状維持に努めなければならない。

末期は本当に。。。

 

みーな も ぽっきー も元気で長生きしてほしいけど。

 

いろいろと ヒト の大人の事情が顔を出してしまったりします。

 

この末期には至る前に判明できたことで、サプリ(ネフガードを使用中)や療法食での対応は最低限としてできるので。

 

皮下点滴をどこまでしてあげられるのかが問題です。

 

 

 

お気に召しましたら ぽちり とな♪
人気ブログランキング - にほんブログ村
猫多頭飼い、女性シニア、英語 通訳・翻訳 に 4:4:2で登録しています。